くしゃみが臭い原因と対策は?虫歯だけじゃなかったんだ!

花粉が飛び交う時期も近づいてまいりました。アレルギーの人によっては、ほぼ一年中鼻がムズムズしてマスクが手放せないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私も花粉症を持つ一人ですが、ふと「くしゅんっ」とくしゃみをしたときに「あれ? なんか、息がくさい…?」と思ったんです。

ちゃんと歯磨きしているのに、くしゃみをしたら臭い!?虫歯かな??と思って鏡でチェックしてみますけれど、そんな影は見当たりません。臭みが止まらない原因はなんだろう、息が臭いのはエチケット的にあまりよろしくないので、対策を考えないといけません。

スポンサードリンク

くさい玉、膿栓が原因?

くしゃみがくさいのは、「臭い玉」のせい!っといっても「くさい玉」、医学名「膿栓」ってなんでしょうか?

子供の頃に、喉から白い小さな塊がポロッと出てくることはありませんでしたか?
潰したり、そのまま臭いをかぐと強烈に臭かったり…あれが「膿栓」になります。

これは食べかすや細菌の塊です。女性でも男性でも膿栓はあります。喉の奥にある扁桃腺、口を開けた両側に穴がボゴボゴと開いている、膨らみに、この膿栓は出来ます。

ボコボコして凹んでいる穴の中に、食べかすや細菌が溜まり、口内の乾燥も加わって、あの白い「臭い玉」が出来上がるのです。一度出来てしまうと、そこから虫歯もないのに悪臭が口の中から漂います。

歯を磨いても、口をゆすいでも、喉の奥にある膿栓が原因では、匂いは全然取れません。

この喉奥にあるくさい玉、どうやってとれるんでしょうか?

スポンサードリンク

くさい玉の取り方

くしゃみの時の原因が「膿栓(くさい玉)」であることが発覚しました。

口臭の原因の1つである、このくさい玉の取り方にはどんなものがあるのでしょうか。

まずは、綿棒・耳かきをご用意下さい。口の中にそれをいれるので使い捨てのものがいいでしょう。
口をあけると、扁桃腺の部分に白い玉が見えるはずです。それに向かって綿棒・耳かきをズボッと入れて下さい。綿棒の場合は膿栓の水分が綿棒にくっついて、スルッととる。

耳かきの場合は、周辺から穴へ入れクルッと取ります。
この時注意するのは、喉奥に異物を突っ込むので、「えづく」ことがあります。爪楊枝などでも、抵抗がないならいいですが、ちょっと間違うと血が出ますので注意下さい。

また、口の中の筋肉を自由に動かせる、吸ったり、喉から口側へ自己吸引できる人は、くさい玉ポイントの扁桃腺から口外側に向けて吸い取りましょう。するとポロッと出てくることがあります。

くさい玉の匂いを緩和しよう!

苦しくて怖かったりで、膿栓の除去なんて…。口の中ですからね。とても出来ないという人は、病院で取ってもらう手があります。

ただ、耳鼻科や歯医者に行くまでに日にちがかかりますよね。病院に行くまでの時間、

どうやってこの膿栓のくっさいのををとればいいのか…考えたら日常でも使うものが意外に効果がありました。

それは口臭対策用のガムです。ガムは、膿栓の予防にも効果テキメンです。

シナモン味のものやキシリトール系をオススメ、シナモンは口内細菌を消してくれます。ミントは口の中がスースーして気持ちが良いのですが、逆に乾燥を促すので予防には向きません。

うがい薬で喉を洗うと口臭予防とともに、たまにボロッとも落ちてくれます。

まとめ

女性にとって口の中の臭いってとても気になりますよね。女性だけでなく男性ももちろん

しかも歯が原因じゃないって困ったものです。また膿栓なんて見えないけど…ってゆう方は、蓄膿症の可能性もあります。

これは喉ではなく鼻の入り口が炎症を起こし膿を生んでいるので、くしゃみをしても臭う病気です。これはさすがに自分での処理はできませんので、耳鼻科へ行きましょう。

くさい玉ができないようにするコツは、いつも口の中が水分いっぱいであることですので、水分補給をこまめにしたいですね。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ