びわ茶の効能や副作用は?作り方は意外と簡単!

何となく体の調子が良くない。病院へ行くほどでもないように思えるが、気分も優れないなんてことがたまにありますね。
そんな時皆さんはどうされるでしょう。放っておきますか。それとも健康茶を飲んですっきりしようと思いますか。

生薬は体に穏やかに作用して、殆ど副作用を気にすることもなく、それでいていつの間にか回復しているといった印象があります。自然のパワーを包み込んだ薬草や木々には、人間の病気を治す力と言いますか、効能があることはご存知ですね。

野や山に、あるいは庭の草花や、道端にさえも薬草はあるのです。これら生薬の持つ効能を混ぜ合わせて用いるのが漢方薬です。人それぞれに合った漢方薬を処方して、病気を治すことが漢方療法と言って、昔から研究されているものです。

スポンサードリンク

漢方でなく生薬としての効能だけで、治療する場合もあります。健康茶と呼ばれるいろんな薬草や木々の葉を乾燥させ、水で煮出してお茶と同じようにして飲む方法です。

健康茶は昔からその効能は知られていました。穏やかに副作用の心配も殆ど気にせずにふつうのお茶代わりに飲んできました。風邪ひきの予防に柿の葉茶やびわの葉茶、桑の葉茶などがよく効くとされています。

今回はびわ茶の効能についてお話ししたいと思います。昔からびわの葉を煎じて飲むと、

食あたりや夏バテに効くといわれて重宝されていました。びわの葉には「アミグダリン」や「タンニン」「サポニン」や「クエン酸」「ブドウ糖」などの成分が含まれていて、疲労の回復、利尿作用、糖尿病の予防やアレルギー改善などの症状に効果があるといわれています。

びわ茶の効能はどんなものに効くのでしょうか?

・がんの予防
・疲労回復
・食欲増進
・ぜんそく
・むくみ・利尿
・糖尿病
・新陳代謝の促進
・美肌効果
・その他効能は多数あります。

中でもびわの種と葉には「がん」の予防に効果があると期待されています。それはアミグダリンが抗がん作用や鎮痛作用があることが証明されたからです。

アミグダリンの驚くべき力

世界ではアメリカをはじめ20か国以上の国で、「がん」治療薬として使われているようです。

アミグダリンは体内でがん細胞に出会うと、分解を繰り返して「青酸」と「ベンツアルデヒド」という物質に分かれます。

体内で分解されてがん細胞に攻撃するみたいです。しかし青酸だけではがん細胞を少しか退治できないようです

もう一つのベンツアルデヒドだけでもがん細胞を少しか退治できません。

こんなことでがんの治療に役立つのかと思われるでしょうが、ここからがすごいのです。これら2つの物質がスクラムを組むとがん細胞の

多くを退治してしまうらしいですよ。

こんな強力な物質だから他に影響を及ぼすのではないかと思われるでしょう。

ところが、がん細胞以外の正常な細胞には、コーダネーゼという保護酵素が二つの物質を中和して、

無害で有益な物質に変えてしまうらしいでう。
こんなにいいものならぜひ飲んでみたい。と思うのも当然です。

スポンサードリンク

びわ茶の作り方・・簡単にできるので自分で作ってみましょう。

 

・びわの葉を水で洗って汚れを取る。

・びわの葉を乾燥させます。シリカゲルの中でもOK。

・乾燥したびわの葉を手で揉んで細かく砕きます。鋏を使ってもいいでしょう。

・フライパンなどでさっと炒ると、香ばしい風味が出ますよ。

・びわ茶はやかんに水1,5リットル、びわ茶約20グラムを入れて煮だします。

・びわの茶葉を保存するときは、容器か紙袋で、風通しのいいところで保存する。または冷蔵庫に入れてもOKです。

ダイエットをしたい方も、びわ茶は最適です。
びわ茶に含まれているタンニンとサポニンの働きで、利尿作用があるため、体の水分の代謝を助け、水太りを防ぐことができるようです。

びわ茶の効果的な飲み方は、何時飲んでもいいのですが、飲む量は1日2~3杯程度が適量です。飲み過ぎはお腹を緩くすることもあります。

びわ茶には副作用はないのか・・健康被害例がありました以下に挙げてみます。

・びわの葉の毛を取り除かずに飲み続けていると、のどに重い炎症が起きた。

葉に生えている毛は粘膜を刺激するらしいということで、取り除くほうが無難です。

・スギ花粉による花粉症の女性が、びわの実を一口食べた直後に、顔が赤くはれ上がり、のどの痛みと鼻閉で呼吸困難になったことがある。

・アトピー・花粉症の病歴を持つ7歳の女の子が、びわを食べた直後に口や目にかゆみが出て、呼吸困難症状も出た様子。

昨今ではいろんな食べ物にアレルギー反応することがありますね。びわも食べすぎたり、すると問題が出るかもしれませんね。それに「アミグダリン」という物質も、摂取し過ぎると悪影響が出るかもしれません。

この副作用の症例から、アトピーや花粉症の人は気を付けなければいけないようです。

一度医師と相談されるほうが無難でしょう。それと妊婦さんへのびわ茶のお勧めはないようです。妊婦さんも医師と相談してからにしてください。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ