鼻毛が白髪になるのは病気が原因?簡単にできる対策方法は?

皆さんは白髪と聞くと、やっぱり髪の毛のことを思い浮かべますよね?私も年配の人とか、たまに体質的に若白髪がチラホラある男性女性を見かけます。

若い時の白髪は頭がいいという迷信も聞いたことがありませんか。

ですが、白髪は髪の毛以外にも白くなるんです。えっ、なんでこんなところの毛が白くなっているの!?と、そんな経験が私もあります。
例えば、脇の下や鼻の中…これは遺伝?まさか病気?こんなところに普通できないでしょう、どうして。白髪っておじいちゃんやおばあちゃんのイメージだから、

ちょっと今の年齢から白い毛が出来るのは、将来が怖くなります。いったい何が原因で白髪が出来たのか、気になるのです。

スポンサードリンク

鼻毛も含め白髪になる原因ってなんだろう?

「眠る時間が少ない(眠った気があまりしない)」「血液、血の循環・巡りが悪い」「喫煙している」「ストレス生活」「運動が苦手・全然してない」「栄養も不足している」などなど、

白髪になる原因は、本当にたくさんあったりします。若者、20代から30代の年齢の人が、特定の場所に白髪が出来た場合、見る限り生活習慣病の原因と変わりがありませんでした。これらのほとんどが、現代の社会における、とりまく環境が主な要因であるのは悲しいですね。もちろん、その原因の1つに「加齢」の可能性も含まれます。

また鼻毛の白髪は、季節的な花粉症や急性鼻炎が原因の可能性もあります。花粉症や急性鼻炎になると、神経が刺激されて、かゆい状態になり、血行不良が進行し、白髪の原因になります。

なので、特に病気が原因ではなく

栄養不足や加齢や血行不良などが主な原因ですね

なので、あまり気にせずに抜いたり、切ったりしながら様子をみるしかなさそうです。

え、簡単に出来る対策ってどんなことすればいいの?

 

白髪は栄養不足、または血行不良が主です。対処的な対策としては、その白髪になってしまった毛を【抜く】ことです。

 

やっぱり白髪で気になるのは自分の見た目が老けてしまうこと。鼻毛の白髪などは数が少なかったり、極端に長いものもあるでしょう。それをさっさと抜いたり、切ってしまって処理することが基本ですね。ですが、40代になってしまうと加齢による原因があるので、抜いてしまうという極端な対処を取れません。

そんな方は栄養から見なおしていかなければなりません。

スポンサードリンク

黒い毛の栄養素ってなんだ?

黒い毛の材料となるのは「ビタミンE」「タンパク質」「ミネラル」。黒い髪のために「ワカメを食べるとイイ」と聞いたことはありませんか?

あれはワカメなどの海藻類・貝類にたくさんのミネラルが含まれていることが由来です。

またタンパク質は、髪だけではなく皮膚や臓器も作るためにとても必要な栄養素です。動物性のタンパク質(特に牛・豚・鳥)より、体の細胞と似ている大豆系の植物性タンパク質の方が、

髪の毛には良い栄養となります。

またビタミンEもタンパク質などを代謝するために使うので、大切な栄養素です。

最近はコンビニ食やインスタント・外食の欧米化など見られますが、添加物が含まれていて、栄養どころか体を攻撃されています。できるなら手間ひまかけて作ったご飯やおかず、魚や緑黄色野菜などを幅広く食べることが、生活の改善ひいては白髪の量を減らし、良質な黒髪ヘアが生まれるコツですね。

まとめ

まだ20代なのに加齢が原因だなんて思いたくないですよね。鼻毛だけではなく、ちょっと言いづらい場所などにも白髪は出来ます。

しかも切ったり、抜いたりしても対処療法なので、また白髪が生えてきて…の繰り返し。加齢というのはカラダがダメージを負っているようなもの…、ダメージを受けても回復する体力や栄養を作ればいい!と思いませんか。

本当にそれは基本的なことで、忙しい現代の生活が、一番の原因。しかしそれを変えることは難しくなります。ならば自分でケアする他ありません。

リラックスできる環境、美味しい食事は白髪と言わず、生きる上で大切な要素です。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ