エアコンつけっぱなしの電気代は冷房と暖房どっちが高いの?

春はとても過ごしやすい季節ですよね。気温も程よく、日差しがやわらかくてとっても気持ちがいい。部屋にいても外に出ても、昼間は太陽光で事足ります。しかし、それもつかの間、すぐに太陽が燦々と輝く熱い夏がやってきます。

解放的で海に行きたくなる夏ですが、暑いのはやっぱり我慢できない。だからエアコンの電源に手を伸ばすのですが…。
ふっと思いませんか。冬の暖房と夏の冷房、もし一日中つけっぱなしにした場合、その電気代に違いはあるのでしょうか?

スポンサードリンク

冬と夏、エアコンの電気代の違い

簡単に言ってしまうと、夏より冬のほうが電気代が高くつきます。夏の冷房より冬の暖房のほうが価格が高くなるわけです。

何故かと言うと、これはエアコンの本体であるコンプレッサーの稼働量の違いです。

この稼働量は気温差で変化します。気温差の幅があるほど、稼働量が多くなります。

夏の外気温と室内温度の差は約10度~15度です。

冬の外気温と室内温度の差は約15度~20度です

一般的にこれだけの差があるので、仮に旅行にでて電源を消すの忘れてしまい、24時間つけっぱなしになった時、冬の暖房のほうが電気代が高くなります。同じく昼と夜なら、温度差があるほうが電気代も高くなるのです。

少しでもエアコンの電気代を節約したい

冬も夏もエアコンがないと寒くて暑くて仕方がないっ。だけど電気代は気になりす。
少しでも電気代を少しでも下げるためには何をしたらいいのでしょう。

1風向きは上方向に。

電気代を安く済ませるには、部屋をなるべく早く温度を下げる必要があります。

冷たい空気は下に溜まる性質を持っているので、冷房の風向きを上に上げ、部屋に冷気が行き渡るようにするのです。

2風量は自動運転に限る

蒸した部屋に入ると早く部屋の温度を下げたいため、冷房の風量設定を「強」にしてしまいがちです。しかしそこを我慢して「自動運転」に下さい。何故なら、「強」にしてしまうと、部屋の気温がほどよくなっても、エアコンは「強」のままで稼働し続けます。

気温と関係なく稼働し続けるので、おのずと電気代もかかってしまうのです。

3設定を28度にする

エアコンの温度を1度上げるだけで約10~15%の節約ができます。暑いとついつい10度代に設定をしがちですが、

28度にすることでかなりの電気代節約になります。

スポンサードリンク

例えば24時間エアコンをつけたらいくら掛かるの?

実際、24時間つけっぱなしの場合の1ヶ月の料金はどれくらいなのでしょうか。

東京の電気料金は25円/kwhほどです。一時間25円/kwh使用したとして、一日で600円になります。それを1ヶ月30日ですので大体1万8000円かかる計算になりますね。

もちろん、地域性や一時間に25円分使用しなければ、こんなにエアコンだけでかかることもありません。電気代は他の照明やお風呂、冷蔵庫、パソコンなどの料金も含まれますので、この計算はあくまで目安になります。

たくさんの電気を同時に使用してしまうと高くなるのは必然ですね。

まとめ

ちょっとした工夫だけで、電気代が節約できるなら早速設定を変えるべきです!夏はお盆などの長期休暇もあって何かとお金が必要な時期。

ちなみにパソコンも熱を発するので使わない時は電源を切ってしまったほうが、部屋の温度を保つことが出来ます。

少しの事ですが、気にしないよりは、マシだと思います。

エアコンだけに話をもってゆきましたが、極力電気をつけっぱなしにしないようにすることは、節約をする上で大事になります。24時間、涼しい風を部屋いっぱいに、エアコンつけっぱなしがイイ!暑いの嫌いっという方は、その分外でたくさん稼ぎましょう。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ