お盆休み2015時期はいつからいつまで?銀行や市役所は?

毎年、やってくる8月のお盆休み。学生は夏休みでお休みを堪能しているこの期間。
その年によって、または会社によって休める日数がちがってくるお盆休みですが、2015年(平成27年)のお盆休み5連休あります。

そのお盆休みの意味を知っていらっしゃいますか?
今年2015年は連休が通年よりも多い年。連休になりそうな日にちをチェックしていても損はなし!今のうちにスケジュールを建てて計画を、

お盆の帰省時期のまえに、ちょっと確認をして、休日ライフの充実を目指しましょう。

 

2015年のお盆は5連休

一般的な今年2015年のお盆休みは8月13日(木)・14日(金)・15日(土)・16日(日)のご連休となります。

 

GWに引き続いて、長い休日ですね。お盆休みはカレンダーには表記されていない連休なので、

会社によっては「お盆休みなんて関係ない」ところもあるかもしれません。

例えば役所や市役所はカレンダー通りなので、お盆休みはありません。

銀行もカレンダー通りですが、一般の方は平日休みで銀行が開いているので、伺うと混雑が予想されます。

お盆休みの時期は学生は夏休みなので、せっかくの連休がとれたのなら家族と一緒に楽しく過ごす、チャンスであると思います。
また帰省などされない人は、5連休家でのんびりできること間違いなし。のんびりついでに、お部屋の掃除などどうでしょうか。

5連休もあれば、そこそこ片付くものです。
見たかった映画をみたり、海外旅行もいいですね。外でも家でも楽しもうと思えばどこでもたのしめますよね。

スポンサードリンク

 

そもそもお盆って?

お盆は日本独自の風習で、ご先祖様の霊を祀るための年間のひとつの行事です。旧暦の7月15日、現在の8月15日前後の休みのことを指します。

現在では、ご先祖様の供養という名目よりも国民的休日とも取られ、学生はほぼ夏休み、会社などでも休みである場合がほとんどです。

この期間に顔を見せに実家に帰省する人、羽を休めに旅行に出かける人、様々です。

またお盆の季節には、地域的にも様々な風習やイベントがあります。

北海道では「北海盆踊り」、東北の岩手県では「舟っこ流し」

関東では千葉県の「木更津港まつり」・中部地方では石川県・福井県で「御招霊」

近畿では京都の「五山の送り火」や奈良県の「高円山の大文字送り火」

四国では徳島県の「阿波踊り」が九州各地で「精霊流し」が催されます。

テレビでよく取り上げられる各地方のお盆過ごし方は、その地域性も垣間見れます。

お盆休みに気をつけることは?

お盆休みは国民的な休みでもありますから、日本全国の人が一斉に移動する時期でもあります。

つまりは飛行機や電車の交通料金が上がってしまうのです。
時期的なものなので、少しでも安く済ませるために超早割などを使用されることをおすすめします。また、

高速道路なども渋滞、混雑が予想されるので、早めに行動することが吉です。
大抵、休日の場合ゆっくりしたいという、人の心理が働きますので、11時~14時の間は要注意の時間です。

この時間を避けつつ、スムーズに帰省や旅行ができるようにするとお盆も満喫できますね。また宿なども早めの予約をしておきましょう。

テーマパークなどもやはり、人が多くなることが必須です。8月のお盆休みに泊まれる宿も早めに予約しましょう。

まとめ

今年、2015年は連休が多い年でもあります。盆前のGWでも5連休があり、お盆明けの9月にも5連休があるのです。

日本人の精神として、働くのが義務になっているので「こんなに休んでいいのか」「仕事回らないから休めない…」なんている方も、もしかしたら、いらっしゃるのでは。

でもせっかくお休み、ご褒美に何処かへ出かけたり、家族や友達と思い出づくりに勤しんだり、人生は限られているので、

満喫出来るときにしないと損をしてしまいますよ!旅行に行くことができなくても、家族でバーベキューをしたり、

本格手なそうめん流しなど家の中で出来る楽しみもたくさんあります。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ