七夕飾りの意味は?子供にもわかりやすく解説!

7月7日。夜空には天の川が大きく広がります。七夕祭りの夜です。織姫と彦星が1年に一度この日だけ会うことが許されている日ですね。

この日のために地上では、笹の葉に願い事を書いた短冊や、いろんな飾り物をつけてお祭りをします。

七夕の日にはどうしてこんなに飾り立てるのでしょう。どんな意味があるのでしょう。今年の七夕祭りにはきっちり意味を知ったうえで、七夕祭りを迎えましょうね。

スポンサードリンク

七夕の由来を見てみましょう。

夜空には大きな天の川が流れています。天の川のほとりで天の神様の娘の「織姫」が美しい布を織っていました。

天の神様は年頃になった織姫のお婿さんを探すことになりました。

天の川のほとりを歩いていると、「彦星」という牛の世話をする若者に出会いました。
天の神様は二人を結婚させることにしました。二人はとても仲良しでした。ところが織姫は機織りをしなくなり、彦星は牛の世話をしなくなりました。

二人は仲良く暮らすのですが、遊んでばかりで仕事をしないため、天の神様は怒って二人の仲を引き裂きました。天の川を挟んで二人は会うこともできず悲しんでいました。

天の神様は二人が一生懸命働くならば、年に一度は会うことを許してやろう。と言って二人は昔のように一生懸命働きだしたのです。そして7月7日には天の川を渡って二人は会うことができるようになったというお話です。

七夕の飾りの由来は?

昔々の奈良時代のころは、中国の影響を受けて祭壇に、五色の糸をお供えする習慣があり、五色の糸を笹に掛けたのが七夕飾りの始まりのようです。

平安時代、鎌倉時代を経て、室町時代になったころ、願い事をする習慣が生まれました。書道の上達を願って、書道に必要な道具や、

和歌を書いた短冊が収められるようになりました。

江戸時代になると広く庶民にも普及しました。以前の五色の糸や、硯や墨などのお供え物は、色紙で作った飾り物に代わり、

短冊と一緒に笹に飾るようになりました。この飾りには一つ一つ意味がありますが、今日でもこの飾り物は引き継がれており、短冊には願い事が書かれるようになりました。

七夕飾りの種類と込められた意味

五色の短冊・・赤・青・黄・白・紫の五色です。

「赤」:礼を意味し、父母や祖先への感謝の気持ちをあらわす。

「青」:仁を意味し、徳を積んで人間力を高めるということです。

「黄」:信を意味し、信頼すること、知人友人を大切にする。

「白」:義を意味し、義務や決まり事を守ること。

「紫」:智を意味し、学問の向上ということです。

紙衣・・笹飾のてっぺんに飾る折り紙で作った小さな着物。
紙衣は病気や災害の身代わりになってもらうためのお守りという意味と、裁縫や機織りが上手になるようにという願いが込められています。

巾着・・お財布のことです。節約や貯蓄ができるようにと願うものです。

投網・・網飾りやねじり網とも呼ばれています。海の幸が授かるように、また、大漁を願うことと、海の恵みへの感謝を表しています。

吹き流し・・織姫の織糸を表しています。機織りや技術の上達を願うものです。

折鶴・・家内安全と家族の健康、長寿を願うものです。

屑籠・・物を粗末に扱わず、倹約と清潔さを大切にという意味で、七夕飾りの紙屑を集めて中に入れて飾ります。

菱飾り・・天の川をイメージした星の連なり。

提灯・・明るい心を照らしてくれるように。

星飾り・・星に願いがかなうよう。

貝飾り・・海の恵みがありますように。

笹の葉・・邪気や災害から守られるように。

織姫と彦星・・永遠の愛が続きますように。

スポンサードリンク

どうして笹に飾るのでしょうか?

 

昔は竹や笹は邪気を払う神聖なものと考えられていました。その形は天に向かってまっすぐに伸び、

大きく広がって生命の強さを感じさせるものでした。風が吹くとさわさわとそよぎ、精霊の依代と考えられていました。

また、葉っぱは船のようであるため、笹は願い事を天に届けてくれる。そんな願いを込めて笹に飾ったのではないかと考えられています。

たなばたさまの歌

笹野葉さらさら のきばにゆれる
お星さまキラキラ 空から見てる

ごしきのたんざく 私が書いた
お星さまキラキラ 金銀すなご

幼稚園や保育所で、今年も七夕祭りがあるでしょう。短冊には願い事が書かれ、
飾りも折紙で、大好きなスイカや薬玉なんかも作ったり、お母さんの願いで「好き嫌いがなくなりますように」との祈りを込めて、

野菜の飾りもあるかもしれませんね。
たのしい七夕祭りになるように、しっかり準備をしましょうね。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ