北海道に梅雨がない理由は?非公式の蝦夷梅雨って何なの?

皆さん、北海道には行ったはありますか?冬は雪で覆われて、神秘的な雪原を見せる北海道。

夏は、涼しく過ごしやすい環境になって走ることが好きなバイクライダーの間では絶好の滑降場所になります。

北海道は冬のイメージが定着していて、他の季節に目を向けることが少ないですが、では他の季節、

たとえば「梅雨」に視点を当ててみましょう。

北海道には、日本の四季の中にある「梅雨がない」という噂をご存知ですか?

今日はそんな噂について、理由について検証してみたいと思います。

スポンサードリンク

北海道には梅雨がないって本当なの?理由はなに?

 

寒さが強い北海道は日本のなかで最北端に位置します。梅雨前線はその長さが数千もあり、西から北に向けてゆるやかに流れて行きます。ゆるやかに流れていく間、前線にある雲はだんだんとその形を崩してゆき、北に向かう間に長い期間、雨を降らせる能力を失っているのです。

なので北海道に着くと1,2日続くいつも通り雨が大地を湿らせることになります。

こうゆう理由があり「北海道には梅雨がない」と言われてしまっています。日本最北端ならではの気候ですね。

そして、その環境から、九州地方にはよく来る台風も、北海道の大地に踏み込む頃には熱帯低気圧に変化しているため、

台風の脅威を受けることは稀です。九州地方に住む人からみると、うらましいかも。

逆に北海道の人から見ると、家を覆うほど雪の降らない南の地方はうらましいのかもしれません。

でもやっぱり梅雨があった?

 

梅雨前線が雲とともに運ぶ雨を梅雨(ばいう)と称しますが、6月にオホーツク海の高気圧が影響して、

冷たくて湿った風が吹き込む2週間くらい続く、ひんやりして寒い雨のことを「蝦夷梅雨(えぞばいう)」と呼びます。蝦夷、

北海道の旧地名「蝦夷地」のことですね。

2週間雨が続くことが珍しいので、この時期を梅雨ともとれるのですが、

この蝦夷梅雨を日本の気象庁は「梅雨である」と認定していません。

あくまでも非公式の北海道の「梅雨」といったところです。梅雨に公式・非公式があるなんて驚きですよね。

スポンサードリンク

 

梅雨ってどうして起こるでしょうか?

 

空を見上げれば雲があり、そして雲が薄暗くなると雨が降ってきますよね。

雨が降ってしまう雲ができやすい場所、冷たい空気と暖かい空気の境目が地上にそばにある場所のことを「前線」と言います。

前線の中の1つに「梅雨前線」というこの時期特有の流れがあるんです。

この梅雨前線は、日本の北海道の近くにあるオホーツク海の高気圧(=冷たい風)と太平洋にある高気圧(暖かい風)の間にあり、

この二つの風がぶつかり合ったところにできます。

ぶつかったことで上昇気流になり、空に雲がつくられて、雨を長い期間にたくさん降らせます。

この梅雨前線の影響で何週間も続く雨を「梅雨(ばいう)」と呼びます。九州地方から関東にかけて、主にあられる雨の時期です。

なかなか風流ですが、ジメッとしてて、お洗濯物が乾きにくい、主婦にとっては困った季節になりますよね。

 

 

まとめ

 

ということで、北海道には気象庁が認める、公式的な梅雨はないという結論に至りました。

北に位置しているから梅雨という雨の時期が、毎年やってこないんですね。

それでも、北に位置しているからこそ、寒さというものとは切っても切れない関係にあります。

北海道では5、6月にやってきて、長くすさぶ冷たい風を「リラ冷え(花冷え)」と言って、初夏を告げる気候とされています。

この時期には、ライラックまつりなどの楽しくて面白いイベントや企画も沢山あって、冬の食べ物、蟹や海の幸が美味しい、降る雪が綺麗な季節とは違った、風流な一面が見られます。

冬の時期は、年末行事や気候など重なり飛行機の料金が高かったりして、

行きづらい感覚がある北海道もこの時期は意外に格安で行くことができます。緑豊かな大地を満喫するチャンスかもしれません。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ