横浜開港祭花火2015日程は?穴場で素敵な場所はここだ!

神奈川県の横浜開港祭をご存知ですか?

今年で34回目になる横浜開港祭の日程は5月の30日(土)・31日(日)、6月2日(火)に行われます。

まだイベントの詳細は未定ですが、前年度の33回ではMay.Jが花火前のイベントに演出たりし、その他市民参加型の企画など盛りだくさんで、

国際港都として県や市をあげて力を入れている、イベントです。

そんな横浜開港祭の見どころ、そしてその見どころを、いかに今から楽しめるかを教えちゃいます。

スポンサードリンク

見どころはやっぱり横浜開港祭花火

神奈川県でも屈指の横浜開港祭の花火には、当然ながら人が各県を越えて、たくさん訪れます。そのイベント全体での来場者総人数なんと100万人。

やはり最大のイベントは、夜に打ち上げられる3000発程の花火です。ステージイベントの最後に行われ、花火という光と音楽のコラボレーションが、大抵が6月2日に行われます。空に打ち上げられる花火は、見る人の心を魅了しますよね。音楽があるので、できるだけ近くで見たいものです。

 

その年によって気候が違いますが、少し肌寒いこともあるようです。来場者数も多くて、

あまり浴衣を着て歩く方は少ないので、動きやすい格好がベストですよ。

 

 じゃあ、どこで見る?素敵な穴場は?

一都市に100万人も来場する中で、雑誌やネットで流れている大抵の穴場は、いつも人でいっぱいなのを覚悟してゆきましょう。

行きのラッシュや帰りのラッシュに注意してください。

花火の打ち上げ時間は20時から、雨天決行が前提です。

一般的に横浜開港祭の花火で穴場と呼ばれている場所は

「臨港パーク」「山下公園」「ぷかりんさん橋」「カップヌードルミュージアムパーク」あたりになります。

「臨港パーク」はすごいいい場所なんですけど、満員になりやすいので早めに行動しましょう。あ、どこでも同じことですね。

 

早めの場所取りしている現地の方もいるので、遠方の方は、立ち見になることがほとんどですが、

持って行って為になるものとして100円均一やホームセンターで売ってある持ち運び可能な簡易イスやシートは役に立ちます。

 

また、横浜開港祭の花火では、確実に打ち上げられる花火を見れる特等席、有料会場の用意がされています。

チケット制で金額がちょっと高く、お財布に痛いですが。

 

・特別観覧席(ペア)    60,000円

・花火観覧席(ペア・芝生)  6000円

 

このような席を今から確保して、楽しい一日を過ごすのも1つの手であります。

 

そして同じ有料で予約が必要なクルージングなどもオススメです。さすがは国際港といわれる場所なだけあって、

屋形船などもでています。会場のレストランで優雅に過ごしながら見る花火も格別な思い出です。

スポンサードリンク

いまから頑張れる 花火が見れる意外な方法

 

横浜開港祭の花火開催までに、今から頑張れる意外な方法があります。

それは、近くに住んでいて且つ高層マンションに住む友だちをつくること!

え、ハードルが高い?? いえいえ、メリットだってあるんです。

 

例え確立が低すぎて、マンションに住んでいなくても、一緒に花火を見ることができる友達ができることには変わりません。

今はソーシャルネットワークで、コミュニティなどに参加すれば気の合う友達を結構作れてしまえます。

人数が揃えばお店だって貸しきれますし、お祭りの日に室内でパーティをしてワイワイしてもいいんです。考えるだけでもワクワクしませんか?

待っているだけではダメですよ、彼女と行くにしろ、友達と行くにしろ、自分から発信することが大事なことなんです。

 

まとめ

 

今はまだ、季節も雪解けの時期ですが、花火が空を舞う夏はすぐそこまで来ています。

はっちゃける夏がくる、一歩手前に開催される横浜開港祭の花火。イベントによっては、

出演者のファンでごった返してしまうとか。穴場といっても、皆知っているような場所が多いので、早めに場所を確保するのは大条件であるでしょう。

いまからイベントの情報などあつめて、一足早く皆に伝えるのもいいですね。




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ