マツコロイドの開発価格はいくら位なのか?監修は石黒浩教授

ども、こんにちは

2014年も、そろそろといかもう終わりますね

仕事も終わりあとは大掃除をして

飲んで食って平穏に2015年をむかえようと

思っています  はい

 

スポンサードリンク

あなたは、マツコロイドって知ってますか?

タレントのマツコさんそっくりなアンドロイド

 

監修はさまざまなロボット開発を手がけてる

石黒浩教授です

 

自身そっくりなロボットやミナミという女性の

アンドロイドなども手がける大学教授です

 

いや~似過ぎで逆にこわいわ~

しぐさや癖などもそっくりにつくられてるそうで

声もマツコさんの声を録音して使ってるようで

 

本当に実物そっくりにつくられてます

 

いや~すごいけど

 

この技術力がちょっと恐くなってきました

 

 

 

電通によるとロボットタレントとして

活動させるような事を言ってる様ですが

 

僕みたいなおっさんからしたら

スゴイと思う反面こわさが勝ってしまいます

 

どこまで人間の技術は進歩するんだ?

という感じ

 

いづれはロボットに地球は乗っ取られるんじゃ

ないかとすら思ってしまいます

まぁ。そんなことはないと思いますけど

 

あと数年後にはテレビにはロボットタレント

だらけになるのか?

 

という心配も少ししてしまいましたけど

 

冷静に考えればその確率は少ないんじゃないのかな

とも思います

 

僕の考えですがいくらロボットが人間と同じように

つくられてても

 

質感や表情なども精巧につくられてても

 

感情がないのであれば

そこに共感などがうまれないので

 

タレントとしてファンなどをつくるのは難しいのではないかと思います

 

一瞬ものめずらしさに盛り上がったりしますが

それ以上はないのかなと

 

ファンではなく珍しくて人気がでる見たいな

感じかなと思います

 

ロボットに感情移入や共感はできないでしょうからね

でも、もしロボットがアニメのように感情をもったら

わからないですけどね

 

そういえば昔アイボって犬のロボットが

販売されていましたね

 

一時購入しようかなと思った時期もありましたけど

考えてるあいだに熱もさめました

 

ロボットの技術にはめちゃくちゃ期待したいですが

タレントロボットより

 

救助などで活躍出来るロボットもっと

出てくることを期待します

 

あとはどらえもんみたなロボットだったらいいかな!

 

でっ

このマツコロイドをみて最初に思ったのは

 

 

スポンサードリンク

マツコロイドの製作費の値段はいくら位なんでしょうか?

げすい感じですみません

でも一番きになりますよね価格のことが

 

う~んアンドロイドをつくった事もないし

購入したこともないので想像がつかん・・・・・

調べてみましたけど

 

はっきりとした情報がなかったですね

1000万円くらいでは?というのは見ましたけど

真実はわかないです

 

僕は逆に1000万円位であのロボットができるのなら

安いのではないかと思います

 

だってそれ以上に稼いでくれそうじゃないですか!

 

製作するのがたとえば1000万としても

それまでの開発費がすごくかかってそうですね~

 

いや~まさかこんな時代が来るとは思いませんでしたね

本当僕の世代からしたらアニメの世界です

 

だって僕の子供のときなんて喫茶店にカクカクの

キャラクターのゲームが全盛のときですからね(笑)

 

これからのアンドロイドと監修の石黒浩教授に

期待ですね

 

素晴らしい技術とアイディアで困っている方や

人間ではどうしょうもなかった事など

ロボットの技術がきっと助けになる事でしょうね!




スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ